DVP

◆DVP-SR20[ソニー SONYDVDプレーヤー]DVPSR20
購入はこちらから
ソニー DVDプレーヤー DVP-SR20 置き場所を選ばないコンパクトボディで、DVDを手軽に楽しめる 聞き取りやすい音声付き早見再生/遅見再生 音声付きでの早見再生、遅見再生が可能。時間に余裕が無い時には早見再生、聞き取りにくいシーンや外国語学習などには遅見再生が便利です

【主な仕様】 寸法
・サイズ 大きさ (幅×高さ×奥行) (最大突起含む) 270mm×38.5mm×209mm 質量 質量 約0.95kg 電源 電源電圧 AC100V 電源周波数 50/60Hz 消費電力 (動作時) 5W 消費電力 (待機時) 0.5W 長さ 1.5m 付属品 付属品 取扱説明書(1) 映像/音声ケーブル(長さ1.0m×1) リモコン(1) リモコン用単3形乾電池(2)

詳細はこちら

Dunlop DVP4 VOLUME (X) MINI PEDAL
購入はこちらから
新品アウトレット超特価!早い者勝ち! フルサイズボリュームペダル「DVP3」の約半分のサイズ。スムーズな駆動系や、内部切換えによりチューナー出力/エクスプレッション用端子として活用できるAUX端子など、「DVP3」の機能を継承。
■ トップ ⇒ 現在地 Dunlop

≪ダンロップ≫ DVP4 VOLUME (X) MINI PEDAL ボリュームペダル

詳細はこちら

DVDプレーヤー DVP-SR20
購入はこちらから

●置き場所を選ばないコンパクトさで、DVDを手軽に楽しめます。
●外寸(幅)(mm):270
●外寸(高)(mm):38.5
●外寸(奥)(mm):209
●質量(g):950
●再生可能メディア:DVDビデオ、ビデオCD、CD、8cmDVD
●電源(V):AC100
●消費電力(W):5
●付属品:映像/音声ケーブル(長さ1m)、リモコン、リモコン用単3乾電池、取扱説明書、保証書
●保証期間(年間):1広告文責:楽天株式会社050-5212-8316

詳細はこちら

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード Bサイズ ミネラルカラー ダークミネラルベース DC1キャスター 樹脂アーム AER1B23DW ALPVPRSNADVPDC1DVP 在宅勤務 在宅ワーク テレワーク 椅子 イス
購入はこちらから
関連ワード:いす イス 椅子 メッシュ 高機能チェア パソコンチェア オフィスチェア ワークチェア デスクチェア OAチェア 勉強 授業 学校 モニター モニターアーム 

詳細はこちら

東芝 ダクト用換気扇  低騒音 スタンダード格子タイプ ★
購入はこちらから
掲載の写真はイメージ画像です。型番と「色や仕様」が多少違う場合がございます。相違がある場合にも、表記の

【型番】通り、手配いたします。掲載画像のみの判断でのご注文はお控え頂きます様お願いいたします。製品の仕様
・サイズ
・色
・規格等につきまして、必ずメーカーHP等をご確認いただいて、ご注文ください。

【東芝換気扇お問い合わせ窓口】フリーダイヤル:0120-015-613土日祝日を除く 9:00〜12:00  13:00〜17:30 

詳細はこちら

 DVP-T14CLDPT 東芝 2〜3室用換気扇(φ100用、強弱付)
購入はこちらから
製品仕様型番
・メーカー
・商品名DVP-T14CLDPT 東芝 2〜3室用換気扇(φ100用、強弱付)商品説明

【用途】 浴室−トイレ−洗面所本体、羽根、ルーバー:プラスチック埋込寸法:225mm角接続パイプ:φ100mm
●高静圧形
●強弱付
●羽根着脱が可能
●SL端子付
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●両吸込シロッコファン
●3室同時換気可能
●2室同時換気可能(遮へい板付き)
●風量バランス調節可能
●帯電防止ルーバー
●テーピング作業が楽な段付排気口
●吸込3方向選択可能
●高気密風圧式シャッター付(吸込
・排気側共)
●本体取付ねじの保持機構付
●ダクト接続が全方向7度調整可能(塩ビ管接続時)
●ダクト接続口が本体と同一幅で位置決めと本体の脱着が容易
●ルーバー色調:ムーンホワイト(マンセル2.5GY9.0/0.5)
※浴室内でご使用の際は必ず接地(アース)工事を行ってください。
※本体は必ず浴室側に取り付けてください。
●スイッチ別売: SVF-531S(WW)

詳細はこちら



購入はこちらから
トイレ
・洗面所
・浴室用のダクト用換気扇です。
※浴室内でご使用の際は必ず接地 (アース)工事を行ってください。
※24時間換気システム用としてお使いになる場合、音の静かさを重視する寝室などでは、強弱付製品のご使用をおすすめします。
※本体は必ず浴室側に取り付けてください。DVP-T14CL

詳細はこちら

バービー&ケン ウェディング 結婚式 Barbie & Ken ドール 人形 2点セット 輸入版 ブライド&グルーム ブロンドヘア 黒のタキシード (CFF37,DVP39)
購入はこちらから
マテル社 輸入版 バービーとケンの2点セット 女の子の永遠の憧れウェディングドレスはビスチェタイプのトップスにピンクの花柄をあしらったスカートでトレンディな印象をプラス ウェディングブライドバービーの隣りには正装したグルームも!おしゃれなタキシードでバービーの横に立つのにお似合い 結婚式の受付デスクなどに飾るウェルカムドールとしても喜ばれます。
※パッケージ仕様が若干異なります。 New1702_25 ⇒ その他バービーウェディングドールは コチラから  
■バービー&ケン ウェディング 結婚式 Barbie & Ken ドール 人形 2点セット 輸入版 ブライド&グルーム ブロンドヘア 黒のタキシード (CFF37,DVP39)

詳細はこちら

★東芝 天井埋込形低騒音ダクト用換気扇2部屋用 ルーバーセット・スタンダード格子タイプトイレ・洗面所・浴室用DVP-T14CL
購入はこちらから
機種限定の当店おすすめ品です。単相100Vツインエアロファン本体
・羽根
・本体カバー:プラスチック接続ダクト:φ100埋込寸法:225mm角
●羽根着脱が可能
●SL端子付
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●両吸込シロッコファン
●2部屋同時換気可能
●風量バランス調整可能
●帯電防止ルーバー
●テーピング作業が楽な段付排気口
●吸込3方向選択可能
●高気密風圧式シャッター付(吸込
・排気側共)
●本体取付ねじの保持機構付
●ダクト接続が全方向7°調整可能(塩ビ管接続時)
●ダクト接続口が本体と同一幅で位置決めと本体の脱着が容易
●適用スイッチ(別売)
※人気商品のため、納入までお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
※換気扇の工事は現在承っておりません。ご了承下さい。

【埋込225角】

【パイプ100】

【二室用】

【旧型番DVP-G14CL4】

【旧型番DVP-G14CL3】

【旧型番DVP-G14H】

【旧型番DVP-14HX】

【旧型番DVP-14H】

詳細はこちら

SONY DVP-FX980  ブルーライトカット 日本製 反射防止 液晶保護フィルム 指紋防止 気泡レス加工 液晶フィルム メール便送料無料
購入はこちらから
SONY DVP-FX980 ブルーライトカット 液晶保護 フィルムパソコンのモニターから発せられるブルーライトをカットしますので、長時間の作業に最適です。気泡レス加工のため、気泡が抜けやすい構造になっています。反射防止(ノングレア、アンチグレア)加工のため光の映り込みを軽減し、画面を見やすくします。指紋防止加工のため、指紋がつきにくく、ついても拭き取りやすいフィルムです。ホワイトタイプのフィルムのため、色かぶりのないクリアな液晶画面でご使用いただけます。
●液晶保護フィルム特徴日本製のフィルムです。液晶画面の美しさを損なわない高い透過率(全光線透過率90%)です。抗菌コート加工により、衛生的にパソコンをご使用いただけます。タッチパネル
・ペン入力に対応しています。ブルーライトカット率 32%以上キズが入りにくく液晶画面を保護します(硬度3H)取付方法 : シリコン吸着クリーニングクロスと気泡を追い出すためのヘラ付き。
※ご購入前の注意点
※この商品は液晶モニター画面仕様の長方形カットフィルムです。ディスプレイの角の丸みには対応しておりません。液晶画面部分のみをカバーし、ディスプレイ全てを覆う対応ではございません。画面サイズに合わせておりますが、万が一、サイズに合わない場合はハサミやカッターなどでカットして御利用下さい。SONY DVP-FX980 ブルーライトカット 液晶保護 フィルム シート カバー プロテクター プロテクト フィルター フィルタ 液晶 保護 画面 スクリーン ブルーライト 防指紋 抗菌 SONY そにー ソニー SONY

詳細はこちら

 DVP-T14CLDKB 東芝 2室用天井換気扇(BL規格、強弱付)
購入はこちらから
製品仕様型番
・メーカー
・商品名DVP-T14CLDKB 東芝 2室用天井換気扇(BL規格、強弱付)商品説明

【用途】 浴室−トイレ−洗面所本体、羽根、ルーバー:プラスチック製埋込寸法:225mm角接続パイプ:φ100mmルーバー色調:ムーンホワイト(マンセル2.5GY9.0/0.5)
●BL規格多室用(2室)3型低騒音形
●強弱付
●3極接地形差込みプラグ電源コード付(有効長3m)
●羽根脱着が可能
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●両吸込シロッコファン
●帯電防止ルーバー
●テーピング作業が楽な段付排気口
●高気密風圧シャッター付
●本体取付けねじの保持機構付き
●ダクト接続が全方向7度調整可能(塩ビ管接続時)
●ダクト接続口が本体と同一巾で位置決めと本体の着脱が容易
●2室同時換気可能
●吸込3方向選択可能
※浴室内でご使用の際は必ず接地(アース)工事を行ってください。
※本体は必ず浴室側に取り付けてください。
●スイッチ別売:SVF-521S(WW)

詳細はこちら

アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSLフル装備 Aサイズ ミネラルフレーム ダークミネラルベース DC1キャスター [AER1A13DW ALP VPR SNA DVP DC1 DVP 23101]
購入はこちらから
商品スペック
・納期 サイズ

【商品サイズ】 幅65.5 奥行65.5(座面奥行45.5)cm 高さ88.0〜98.0(座面高38.0〜48.0)cm

【梱包サイズ】 高さ:約 100-110cm/横:約70-75cm/奥行:約70-75cmとなります。 (箱サイズはプロダクト毎に異なります) 素材 背
・座面:ペリクル(弾性ポリエステル) 背部
・座部フレーム:ガラス強化熱可塑性ポリエステル、ガラス繊維入りナイロン アームパッド:セルフスキニングウレタン 脚:ガラス繊維入りナイロン(ナイロン、ポリウレタン双輪キャスターを標準装備) 納期 その他 保証期間 12年(ガスシリンダーのみ2年) そのバトンはリマスタードへ 1994年にアーロンチェアが発表された時、それまでの革張りであったり木やクッションを用いて作られた椅子とはまったく違う、メッシュを座面に用いたそのデザインが大きな反響、そして衝撃を与え、「座り方」の概念を変えただけではなく、チェアの在り方についての人々の考え方をも変えました。 しかしそれから20年以上の月日が経ち、人々の生活はたくさんの変化を迎えました。 デザインとは進化するもの。 アーロンチェアも変化、進化を迎える時が訪れたのです。 左:現行、右:アーロンチェア リマスタード アーロンチェアの生みの親である故ビル
・スタンフ アーロンチェアのラフスケッチ 世界で最も愛されているワークチェアを進化させるべく、ハーマンミラーはビルスタンフと共にアーロンチェアを作り上げたドン
・チャドウィックに依頼をしました。 彼は、オリジナルのアーロンチェアの設計基準を現代の仕事とテクノロジーを考え合わせながら見直しました。 より強く洗練されたマテリアル、より操作性が良くなった調節機能、新しいフィニッシュオプション、そしてより健康的かつ、より快適な座り心地を備えることとなりました。 新型アーロンチェアとして、リメイクまたは再設計されたのではなく、リマスターされたのです。 デザイナー:ドン
・チャドウィック 1936年アメリカ、カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア大学で工業デザインを学び、在学中は他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に注意を向けていました。そして大学でチャールズ&レイ
・イームズの講義を聴いた後、『家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる』と確信しました。 そして1974年「チャドウィック
・モジュラー
・シーティング」を発表。商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれ、以降も様々な作品を発表、受賞歴を重ねていきます。 ポスチャーフィットと背骨
・腰痛の関係 アーロンチェアに取り付けられているポスチャーフィットは、ハーマンミラーがワーカーをリサーチし「チェアの前方部分に体重をかけ、長時間に渡って座ったまま働いている」という結果から開発が進められました。 いわゆる前屈みの姿勢で働く人が多く、首
・肩のこり、頭痛
・疲労感、腰痛などの問題を抱えていました。 前屈みにならずにまっすぐとした姿勢を保つためには、人間が立っている姿勢の時と骨盤の角度が同じくなるよう、着座時に背もたれの下方部分と骨盤の隙間をなくすサポートが重要となります。 普通ではいかに深くチェアに腰掛けたとしても隙間ができてしまいます。そこでハーマンミラーではオフィス家具メーカーとして初めて、新たな腰部のサポートを開発しました。 開発にあたっては腰痛治療の専門家でもあり、人間工学の観点から椅子を研究していたブロック
・ウォーカー博士を中心に開発されました。 ブロック
・ウォーカー博士は飛行機、レーシングカーのコックピット開発に携わるなど、海洋産業や航空宇宙産業、モータースポーツ産業など様々な分野でコンサルタントとして活躍をしています。 事実、事故によって40箇所以上を骨折し動くことすらままならなかったインディ500のドライバーは、ウォーカーが開発したシートによって優勝した逸話もあります。 背骨が歪んでしまうことは腰痛の原因となります。腰痛を予防するためには背骨をS字にキープすることが重要となります。 そして背骨の形状は主に骨盤に左右されるため、骨盤を正しい位置でサポートすることが重要となります。 骨盤が前にずれ、前屈みの姿勢になってしまうと、立っているときに比べ約2倍の負荷が椎間板にかかってしまいます。 ポスチャーフィット機能は、背骨
・骨盤を正しい位置でサポートすることで負荷を軽減し、快適な姿勢を維持してくれます。 環境への配慮 新しいアーロンチェアは再生材料39%、再生可能材料を最大91%使用しています。 アーロンチェアは1994年の発表時に持続可能性の新たな基準を設けました。 そして今回のアップデートでは、チェアの重量を約1.3キロ減らし、室内空間における化学物質の排出量が最小限であるかをテストする米国環境基準「グリーンガード」のゴールド認定を取得して、さらに一歩前進しました。アーロンチェアリマスタードフル装備 Aサイズ アーロンチェアを使うということ 「仕事用の椅子」。こう言われて皆さんは、どんな椅子を思い浮かべますか? 私はvanilla入社当時からアーロンチェアで仕事をしていたことで、仕事用の椅子=アーロンチェアでイメージが刷り込まれています。今考えるとインテリア業界の右も左も分からない新人がアーロンチェア(Aeron Chair)で仕事ができるなんて、とても幸運だったように思います。デザイナー
・設計士
・音楽プロデューサー
・漫画家といった各業界のプロフェッショナルが使う椅子を最初から使えるんです、自分まで格好良くなった気がしました。 そして約10年、たくさんの方がアーロンチェアオーナーになるお手伝いをする中で、それは自分だけの感覚ではないと思うようになりました。もしかするとシャネルやコーチ、ロレックスやオメガなどのブランド品を身につける感覚にも近いのではないでしょうか。 買って終わりじゃない。「この椅子を持っていて、この椅子で仕事をしている」というステータスと充実感。それがモチベーションに繋がり、自分が思う以上の結果を生み出しているのかもしれません。 アーロンチェアはデスクワーカーにとっての「憧れの椅子」「最高のワークチェア」であり、これはもはや「アーロンチェア」という、ひとつのブランドになっていると言っても過言ではないでしょう。 快適と集中を求めた究極のデザイン アーロンチェアを製造するハーマンミラー社の人間工学では「快適さとは不快ではない状態のこと」と定義しています。体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能に加え、腰にかかる負担を軽減させるだけでなく熱をこもらせない張り地を持つアーロンチェアは、まさに「快適さ」を体現した椅子とも言えるでしょう。 ただし、ここでいう快適さとは仕事をする時のこと。 アーロンチェアの背もたれはハイバックでもなければ、ヘッドレストもありません。確かにヘッドレストに頭を預けるのは気持ちが良いと思います。しかしアーロンチェアはワークチェア、仕事をするための椅子なんです。仕事をする時の姿勢と休む時の姿勢は全くの別物。集中力を高める椅子が安らげる椅子とイコールにはなりません。 それを踏まえると、いかに快適に"仕事"をするかで考えた時のアーロンチェアの右に出る物はいません。快適に集中させてくれる究極の椅子、それがアーロンチェアなんだと私は思います。 進化した人間工学的サポート 新型のアーロンチェア リマスタードに使われる張り地は500回ものデザインを練り直した末に完成した新しい張り地「8Z(エイトズィー)ペリクル」。 8Zペリクルはテンションを横方向に背中を4つ、座面を4つの計8つのゾーン(zone)に横割りされ、負荷がかかる場所に合わせて張り地の強度が変えられています。体圧を部位によって調整し、座った際の安定性や姿勢の矯正力が向上し、快適さと人間工学的なサポートを最も必要とする場所へもたらします。 最も柔らかいゾーンはソフトゾーンと呼ばれ、背もたれでは肩甲骨周りの筋肉の動きを阻害しないように、座面では骨盤が沈み込むような張りの強さに設定されています。 柔らかいゾーンはスタビライズゾーンと呼ばれ、ソフトゾーンより一段テンションが強く、背もたれでは腰を包み込んで安定させ、座面ではソフトゾーンで骨盤が沈み込むため、座面奥に向かって傾斜が付き、座ったときに安定します。最も硬い部分は、背もたれでは骨盤を押し出し仙骨をサポート、以前はバナナ型のクッションを先端下に配していた座面は先端の張りを硬くすることで、部材を減らしよりスマートに。 今回の新型アーロンチェア リマスタードから張り地パターンは各フレームカラーに合わせた専用のものが当てられています。 理想的な背骨のS字カーブを描かせるポスチャーフィットはサポート部位が仙骨(SACRUM)と腰椎(Lumber)の2箇所に増えたポスチャーフィットSLに進化しました。ポスチャーフィット本体下部にあるダイヤルを左右どちらからでも回すとテンションが変更されます。 人体の骨盤(仙骨)と背骨のつながった部分は固定されており、骨盤の角度によって背骨のカーブが決まります。 言い換えれば、骨盤の角度を正しく固定することによって、背骨の正しいカーブが保たれ、無理のない姿勢が保てることになります。 新型アーロンチェア リマスタードは腰部を幅広くサポートして、健康的な立った姿勢と同じような状態を再現します。 サイズ展開 A, B, Cサイズで快適なチェアライフを アーロンチェアには、端から中間というデザインアプローチを基に、できる限り広範囲な体型のニーズを満たすため3種類のサイズが用意されました。 エクスクルーシブ(特定の人)ではなくインクルーシブ(すべての人)に。 このインクルーシブな考えはアーロンチェアのDNAの不可欠な要素となり、新しいアーロンチェアにもしっかりと受け継がれています。

詳細はこちら

 DVP-S10FH4 東芝 細管形ダクト用換気扇(φ75用・2部屋用)
購入はこちらから
製品仕様型番
・メーカー
・商品名DVP-S10FH4 東芝 細管形ダクト用換気扇(φ75用
・2部屋用)商品説明

【用途】 浴室−トイレ−洗面所本体:金属製羽根、ルーバー:プラスチック製埋込寸法:175mm角接続パイプ:φ75mm
●1台の換気扇で浴室と洗面所、またはトイレの2部屋を同時に換気
●SL端子付
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●シロッコファン
●風量バランス調整可能
●帯電防止ルーバー
●風圧シャッター付
●ルーバー色調:シルキーホワイト(マンセル1Y9.3/0.5)
※浴室内でご使用の際は必ず接地(アース)工事を行ってください。
※本体は必ず浴室側に取り付けてください。
●スイッチ別売: 市販のON-OFFスイッチをご使用ください。または、SVF-52S(WW)

詳細はこちら

SONY DVP-FX780  反射防止 ノングレア 液晶保護フィルム 保護フィルム メール便送料無料
購入はこちらから
SONY DVP-FX780 反射防止 アンチグレア ノングレア 液晶保護 フィルム低反射率でパソコンの画面への映り込みやチラつきを抑え、ホコリを防止します。。タッチパネル
・ペン入力も快適に操作出来ます。
●液晶保護フィルム特徴パソコン液晶画面用 反射防止液晶保護フィルム反射低減機能を施し、長時間の作業に最適な液晶保護フィルムキズが入りにくく液晶画面を保護します。硬度 3H気泡の入りを取り除くヘラとクリーニングクロスもセットでついてきます。
※ご購入前の注意点
※この商品は液晶モニター画面仕様の長方形カットフィルムです。ディスプレイの角の丸みには対応しておりません。液晶部分のみをカバーし、ディスプレイ全てを覆う対応ではございません。画面サイズに合わせておりますが、万が一、サイズに合わない場合はハサミやカッターなどでカットして御利用下さい。フィルム シート カバー プロテクター プロテクト フィルター フィルタ 液晶 保護 画面 スクリーン マット アンチグレア 非光沢 映りこまない 反射低減 低反射 ギラつき防止 SONY そにー ソニー SONY

詳細はこちら

 DVP-T14CLDA 東芝 2室用天井換気扇(φ100用、強弱付)
購入はこちらから
製品仕様型番
・メーカー
・商品名DVP-T14CLDA 東芝 2室用天井換気扇(φ100用、強弱付)商品説明

【用途】 浴室−トイレ−洗面所本体、羽根、ルーバー:プラスチック製埋込寸法:225mm角接続パイプ:φ100mm
●1台の換気扇で浴室と洗面所、またはトイレの2部屋を同時に換気
●強弱付
●羽根着脱が可能
●SL端子付
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●両吸込シロッコファン
●2室同時換気可能
●風量バランス調節可能
●帯電防止ルーバー
●テーピング作業が楽な段付排気口
●吸込3方向選択可能
●高気密風圧式シャッター付(吸込
・排気側共)
●本体取付ねじの保持機構付
●ダクト接続が全方向7度調整可能(塩ビ管接続時)
●ダクト接続口が本体と同一幅で位置決めと本体の脱着が容易
●ルーバー色調:ムーンホワイト(マンセル2.5GY9.0/0.5)
※浴室内でご使用の際は必ず接地(アース)工事を行ってください。
※本体は必ず浴室側に取り付けてください。
●スイッチ別売: SVF-521S(WW)

詳細はこちら

東芝 ダクト用換気扇 低騒音形 〔2部屋用〕 スタンダード格子 サニタリー用
購入はこちらから


【DVP-T10L】東芝 ダクト用換気扇 低騒音形 〔2部屋用〕 スタンダード格子 サニタリー用

【TOSIBA】
※品番にて注文をさせていただきます。メーカーにて品番の確認をお願いいたします。画像はイメージです。
●羽根着脱が可能
●SL端子付
●ワンタッチルーバー
●カートリッジ式排気口
●両吸込シロッコファン
●軽量鉄骨に対応
●帯電防止ルーバー
●テーピング作業が楽な段付排気口
●高気密風圧シャッター付
●ダクト接続が全方向7°調整可能
●ダクト接続口が本体と同一幅で位置決めと本体の脱着が容易
●風量バランス調節可能(DVP-T10Lは7:3のみです)
●2室同時換気可能
●※浴室内でご使用の際は必ず接地(アース)工事を行ってください。
●※本体は必ず浴室側に取り付けてください。
●※24時間換気システム用としてもお使いになれます。詳しくは「技術
・設計資料編の建築基準法」をご覧ください。

詳細はこちら

グリーンハウス/HDMI対応DVDプレーヤー/GH-DVP1D-BK
購入はこちらから


【仕様】DVDの映像をより美しく楽しめるHDMI端子&アップスケーリング機能横幅22.5cmのコンパクトデザインすぐに接続できるHDMIケーブル付属テレビ番組を録画したDVDも楽しめるCPRM VRモード対応見やすい前面ディスプレイ搭載わかりやすい日本語表記リモコンが付属HDMI、コンポジット、S端子など様々な出力端子を搭載USBメモリーの動画
・音楽
・静止画も再生
●カラー:ブラック
●対応ディスクフォーマット:DVD−VIDEO/DVD−VR(CPRM対応)/CD−DA/データDVD/データCD
●対応ディスクタイプ:DVD−ROM/DVD±R/DVD±RDL/DVD±RW/CD−ROM/CD−R/CD−RW
●対応音声コーデック:PCM/DolbyDigital/DTS
※DTSはビットストリーム出力のみ対応
●ラストメモリー機能:最大1件まで記憶
※設定で機能を「オン」にする必要があります。
●対応外部メモリー:USBメモリー(〜32GB)
※FATまたはFAT32でフォーマットされた外部メモリーのみ対応
●対応ファイル形式:MPEG1/MPEG2/MP3/JPEG
●出力信号方式:NTSC
●映像出力解像度:1080p/1080i/720p/480p/480i
●搭載端子:HDMI端子×1、コンポーネント映像出力端子×各1、S映像出力端子×1、コンポジット映像出力端子×1、光デジタル音声端子(角型)×1、同軸デジタル音声端子×1、アナログ音声出力端子×1、USBポート×1
●電源:AC100V 50/60Hz
●消費電力:最大10W
●動作温度範囲:5℃〜40℃
●動作湿度範囲:20〜80%(結露なきこと)
●外形寸法:幅225×奥行230×高さ50mm
●重量:約1200g
●保証期間:1年
●付属品:専用リモコン、リモコン用単4形アルカリ乾電池(テスト用)2本、HDMIケーブル(約140cm)、コンポジットケーブル(約110cm)、取扱説明書、保証書

【備考】
※メーカーの都合により、パッケージ
・仕様等は予告なく変更になる場合がございます。

【検索用キーワード】GREENHOUSE DVDプレイヤー ディーブイディー 再生専用DVDプレーヤー DVDレコーダー GH−DVP1D−BK GHDVP1DBK DVD−ROM DVD+R DL DVD+R DL DVD−RW DVD+RW CD−ROM CD−RW 黒 くろ クロ ブラック BLACK AV機器HDMI端子搭載、シンプルで手軽なDVDプレーヤー

詳細はこちら

グリーンハウス/HDMI対応DVDプレーヤー/GH-DVP1D-BK
購入はこちらから


【仕様】DVDの映像をより美しく楽しめるHDMI端子&アップスケーリング機能横幅22.5cmのコンパクトデザインすぐに接続できるHDMIケーブル付属テレビ番組を録画したDVDも楽しめるCPRM VRモード対応見やすい前面ディスプレイ搭載わかりやすい日本語表記リモコンが付属HDMI、コンポジット、S端子など様々な出力端子を搭載USBメモリーの動画
・音楽
・静止画も再生
●カラー:ブラック
●対応ディスクフォーマット:DVD−VIDEO/DVD−VR(CPRM対応)/CD−DA/データDVD/データCD
●対応ディスクタイプ:DVD−ROM/DVD±R/DVD±RDL/DVD±RW/CD−ROM/CD−R/CD−RW
●対応音声コーデック:PCM/DolbyDigital/DTS
※DTSはビットストリーム出力のみ対応
●ラストメモリー機能:最大1件まで記憶
※設定で機能を「オン」にする必要があります。
●対応外部メモリー:USBメモリー(〜32GB)
※FATまたはFAT32でフォーマットされた外部メモリーのみ対応
●対応ファイル形式:MPEG1/MPEG2/MP3/JPEG
●出力信号方式:NTSC
●映像出力解像度:1080p/1080i/720p/480p/480i
●搭載端子:HDMI端子×1、コンポーネント映像出力端子×各1、S映像出力端子×1、コンポジット映像出力端子×1、光デジタル音声端子(角型)×1、同軸デジタル音声端子×1、アナログ音声出力端子×1、USBポート×1
●電源:AC100V 50/60Hz
●消費電力:最大10W
●動作温度範囲:5℃〜40℃
●動作湿度範囲:20〜80%(結露なきこと)
●外形寸法:幅225×奥行230×高さ50mm
●重量:約1200g
●保証期間:1年
●付属品:専用リモコン、リモコン用単4形アルカリ乾電池(テスト用)2本、HDMIケーブル(約140cm)、コンポジットケーブル(約110cm)、取扱説明書、保証書

【備考】
※メーカーの都合により、パッケージ
・仕様等は予告なく変更になる場合がございます。

【検索用キーワード】GREENHOUSE DVDプレイヤー ディーブイディー 再生専用DVDプレーヤー DVDレコーダー GH−DVP1D−BK GHDVP1DBK DVD−ROM DVD+R DL DVD+R DL DVD−RW DVD+RW CD−ROM CD−RW 黒 くろ クロ ブラック BLACK AV機器HDMI端子搭載、シンプルで手軽なDVDプレーヤー

詳細はこちら

SONY(VAIO) DVP-SR20 DVDプレーヤー
購入はこちらから
DVDプレーヤーわずか幅270mmとスリム&コンパクトデザイン。CPRM対応。詳細スペック再生可能メディア[DVD]DVDビデオ、DVD-R/DVD-RW/DVD-R(2層)*1、DVD+R/DVD+RW/DVD+R(2層)*1、8cmDVD+RW/-RW/-R/+R(2層)/-R(2層)*1(*1AVCHD/AVCREC規格で録画されたディスクの再生には対応していません)[CD]CD、CD-R/-RW放送メディアチューナー非搭載CPRM録画対応プレーヤーのため録画機能なしCPRMムーブ対応メディアDVD-RW/-R/-RDL(2層)便利機能音声つき早見/遅見再生、高速サーチ、リピート再生、A-Bリピート、つづき再生(1枚)、スロー再生、フラッシュ(約10秒戻し/約30秒送り)同軸デジタル音声出力端子数1個音声映像出力端子コンポジット映像出力端子*1、ステレオ音声出力*1付属品取扱説明書(1)、映像/音声ケーブル(長さ1.0m×1)、リモコン(1)、リモコン用単3形乾電池(2)備考置き場所を選ばないコンパクトボディ定格消費電力5W待機消費電力0.5W(高速起動モード「切」時、HDMI機器制御「切」時)その他節電関連自動電源オフ機能搭載(無操作状態が30分続くと自動で電源が切れます。*ディスク再生時を除く*自動電源オフ機能「入」の時)本体サイズ(H)39mm本体サイズ(W)270mm本体サイズ(D)209mm本体重量950g電気用品安全法(本体)適合電気用品安全法(付属品等)付属品等無し

詳細はこちら

アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSLフル装備 Cサイズ ミネラルフレーム ダークミネラルベース BBキャスター [AER1C33DW ALP VPR SNA DVP BB DVP 23101]
購入はこちらから
商品スペック
・納期 サイズ

【商品サイズ】 幅72.0 奥行72.0(座面奥行51.0)cm 高さ100.0〜115.5(座面高42.5〜58.0)cm

【梱包サイズ】 高さ:約 100-110cm/横:約70-75cm/奥行:約70-75cmとなります。 (箱サイズはプロダクト毎に異なります) 素材 背
・座面:ペリクル(弾性ポリエステル) 背部
・座部フレーム:ガラス強化熱可塑性ポリエステル、ガラス繊維入りナイロン アームパッド:セルフスキニングウレタン 脚:ガラス繊維入りナイロン(ナイロン双輪キャスターを標準装備) 納期 その他 保証期間 12年(ガスシリンダーのみ2年)
※ミネラル色は他のカラーに比べて明るい為、デニムなど濃色の衣服との接触等により製品が変色し汚れとして目立つことがあります。この変色は保証の対象外となります。予めご了承ください そのバトンはリマスタードへ 1994年にアーロンチェアが発表された時、それまでの革張りであったり木やクッションを用いて作られた椅子とはまったく違う、メッシュを座面に用いたそのデザインが大きな反響、そして衝撃を与え、「座り方」の概念を変えただけではなく、チェアの在り方についての人々の考え方をも変えました。 しかしそれから20年以上の月日が経ち、人々の生活はたくさんの変化を迎えました。 デザインとは進化するもの。 アーロンチェアも変化、進化を迎える時が訪れたのです。 左:現行、右:アーロンチェア リマスタード アーロンチェアの生みの親である故ビル
・スタンフ アーロンチェアのラフスケッチ 世界で最も愛されているワークチェアを進化させるべく、ハーマンミラーはビルスタンフと共にアーロンチェアを作り上げたドン
・チャドウィックに依頼をしました。 彼は、オリジナルのアーロンチェアの設計基準を現代の仕事とテクノロジーを考え合わせながら見直しました。 より強く洗練されたマテリアル、より操作性が良くなった調節機能、新しいフィニッシュオプション、そしてより健康的かつ、より快適な座り心地を備えることとなりました。 新型アーロンチェアとして、リメイクまたは再設計されたのではなく、リマスターされたのです。 デザイナー:ドン
・チャドウィック 1936年アメリカ、カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア大学で工業デザインを学び、在学中は他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に注意を向けていました。そして大学でチャールズ&レイ
・イームズの講義を聴いた後、『家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる』と確信しました。 そして1974年「チャドウィック
・モジュラー
・シーティング」を発表。商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれ、以降も様々な作品を発表、受賞歴を重ねていきます。 ポスチャーフィットと背骨
・腰痛の関係 アーロンチェアに取り付けられているポスチャーフィットは、ハーマンミラーがワーカーをリサーチし「チェアの前方部分に体重をかけ、長時間に渡って座ったまま働いている」という結果から開発が進められました。 いわゆる前屈みの姿勢で働く人が多く、首
・肩のこり、頭痛
・疲労感、腰痛などの問題を抱えていました。 前屈みにならずにまっすぐとした姿勢を保つためには、人間が立っている姿勢の時と骨盤の角度が同じくなるよう、着座時に背もたれの下方部分と骨盤の隙間をなくすサポートが重要となります。 普通ではいかに深くチェアに腰掛けたとしても隙間ができてしまいます。そこでハーマンミラーではオフィス家具メーカーとして初めて、新たな腰部のサポートを開発しました。 開発にあたっては腰痛治療の専門家でもあり、人間工学の観点から椅子を研究していたブロック
・ウォーカー博士を中心に開発されました。 ブロック
・ウォーカー博士は飛行機、レーシングカーのコックピット開発に携わるなど、海洋産業や航空宇宙産業、モータースポーツ産業など様々な分野でコンサルタントとして活躍をしています。 事実、事故によって40箇所以上を骨折し動くことすらままならなかったインディ500のドライバーは、ウォーカーが開発したシートによって優勝した逸話もあります。 背骨が歪んでしまうことは腰痛の原因となります。腰痛を予防するためには背骨をS字にキープすることが重要となります。 そして背骨の形状は主に骨盤に左右されるため、骨盤を正しい位置でサポートすることが重要となります。 骨盤が前にずれ、前屈みの姿勢になってしまうと、立っているときに比べ約2倍の負荷が椎間板にかかってしまいます。 ポスチャーフィット機能は、背骨
・骨盤を正しい位置でサポートすることで負荷を軽減し、快適な姿勢を維持してくれます。 環境への配慮 新しいアーロンチェアは再生材料39%、再生可能材料を最大91%使用しています。 アーロンチェアは1994年の発表時に持続可能性の新たな基準を設けました。 そして今回のアップデートでは、チェアの重量を約1.3キロ減らし、室内空間における化学物質の排出量が最小限であるかをテストする米国環境基準「グリーンガード」のゴールド認定を取得して、さらに一歩前進しました。アーロンチェアリマスタードフル装備 Cサイズ アーロンチェアを使うということ 「仕事用の椅子」。こう言われて皆さんは、どんな椅子を思い浮かべますか? 私はvanilla入社当時からアーロンチェアで仕事をしていたことで、仕事用の椅子=アーロンチェアでイメージが刷り込まれています。今考えるとインテリア業界の右も左も分からない新人がアーロンチェア(Aeron Chair)で仕事ができるなんて、とても幸運だったように思います。デザイナー
・設計士
・音楽プロデューサー
・漫画家といった各業界のプロフェッショナルが使う椅子を最初から使えるんです、自分まで格好良くなった気がしました。 そして約10年、たくさんの方がアーロンチェアオーナーになるお手伝いをする中で、それは自分だけの感覚ではないと思うようになりました。もしかするとシャネルやコーチ、ロレックスやオメガなどのブランド品を身につける感覚にも近いのではないでしょうか。 買って終わりじゃない。「この椅子を持っていて、この椅子で仕事をしている」というステータスと充実感。それがモチベーションに繋がり、自分が思う以上の結果を生み出しているのかもしれません。 アーロンチェアはデスクワーカーにとっての「憧れの椅子」「最高のワークチェア」であり、これはもはや「アーロンチェア」という、ひとつのブランドになっていると言っても過言ではないでしょう。 快適と集中を求めた究極のデザイン アーロンチェアを製造するハーマンミラー社の人間工学では「快適さとは不快ではない状態のこと」と定義しています。体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能に加え、腰にかかる負担を軽減させるだけでなく熱をこもらせない張り地を持つアーロンチェアは、まさに「快適さ」を体現した椅子とも言えるでしょう。 ただし、ここでいう快適さとは仕事をする時のこと。 アーロンチェアの背もたれはハイバックでもなければ、ヘッドレストもありません。確かにヘッドレストに頭を預けるのは気持ちが良いと思います。しかしアーロンチェアはワークチェア、仕事をするための椅子なんです。仕事をする時の姿勢と休む時の姿勢は全くの別物。集中力を高める椅子が安らげる椅子とイコールにはなりません。 それを踏まえると、いかに快適に"仕事"をするかで考えた時のアーロンチェアの右に出る物はいません。快適に集中させてくれる究極の椅子、それがアーロンチェアなんだと私は思います。 進化した人間工学的サポート 新型のアーロンチェア リマスタードに使われる張り地は500回ものデザインを練り直した末に完成した新しい張り地「8Z(エイトズィー)ペリクル」。 8Zペリクルはテンションを横方向に背中を4つ、座面を4つの計8つのゾーン(zone)に横割りされ、負荷がかかる場所に合わせて張り地の強度が変えられています。体圧を部位によって調整し、座った際の安定性や姿勢の矯正力が向上し、快適さと人間工学的なサポートを最も必要とする場所へもたらします。 最も柔らかいゾーンはソフトゾーンと呼ばれ、背もたれでは肩甲骨周りの筋肉の動きを阻害しないように、座面では骨盤が沈み込むような張りの強さに設定されています。 柔らかいゾーンはスタビライズゾーンと呼ばれ、ソフトゾーンより一段テンションが強く、背もたれでは腰を包み込んで安定させ、座面ではソフトゾーンで骨盤が沈み込むため、座面奥に向かって傾斜が付き、座ったときに安定します。最も硬い部分は、背もたれでは骨盤を押し出し仙骨をサポート、以前はバナナ型のクッションを先端下に配していた座面は先端の張りを硬くすることで、部材を減らしよりスマートに。 今回の新型アーロンチェア リマスタードから張り地パターンは各フレームカラーに合わせた専用のものが当てられています。 理想的な背骨のS字カーブを描かせるポスチャーフィットはサポート部位が仙骨(SACRUM)と腰椎(Lumber)の2箇所に増えたポスチャーフィットSLに進化しました。ポスチャーフィット本体下部にあるダイヤルを左右どちらからでも回すとテンションが変更されます。 人体の骨盤(仙骨)と背骨のつながった部分は固定されており、骨盤の角度によって背骨のカーブが決まります。 言い換えれば、骨盤の角度を正しく固定することによって、背骨の正しいカーブが保たれ、無理のない姿勢が保てることになります。 新型アーロンチェア リマスタードは腰部を幅広くサポートして、健康的な立った姿勢と同じような状態を再現します。 サイズ展開 A, B, Cサイズで快適なチェアライフを アーロンチェアには、端から中間というデザインアプローチを基に、できる限り広範囲な体型のニーズを満たすため3種類のサイズが用意されました。 エクスクルーシブ(特定の人)ではなくインクルーシブ(すべての人)に。 このインクルーシブな考えはアーロンチェアのDNAの不可欠な要素となり、新しいアーロンチェアにもしっかりと受け継がれています。

詳細はこちら

ダクト用換気扇 東芝 DVP-T14CL
購入はこちらから
品番:DVP-T14CLダクト用換気扇沖縄、離島への配送はご相談ください

詳細はこちら

 DVP-T14CL 換気扇 東芝 ダクト用 ツインエアロファン ACモータータイプ プラスチックボディ 2部屋用 低騒音形 本体カバーセット
購入はこちらから
接続ダクト:Φ100 埋込寸法:225mm角
※商品の詳細につきましては東芝のホームページか下記までお願いいたします ◆東芝換気扇お問い合わせ窓口◆ フリーダイヤル 0120-015-613 カテゴリ:換気扇 トイレ
・洗面所
・浴室用 メーカー:東芝 TOSHIBA 商品番号:DVP-T14CL DVPT14CL 接続ダクト:Φ100 埋込寸法:225mm角 開口面積 開口寸法 埋込寸法 参考:DVP-G14CL4 DVP-G14CL3 DVP-G14H の後継品
※すべての条件において後継品としての互換性がある訳ではありません。  細かな仕様や形状は異なる場合があります。メーカーカタログ、HP等でご確認の上ご注文ください。

詳細はこちら

アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSLフル装備 Aサイズ ミネラルフレーム ダークミネラルベース BBキャスター [AER1A13DW ALP VPR SNA DVP BB DVP 23101]
購入はこちらから
商品スペック
・納期 サイズ

【商品サイズ】 幅65.5 奥行65.5(座面奥行45.5)cm 高さ88.0〜98.0(座面高38.0〜48.0)cm

【梱包サイズ】 高さ:約 100-110cm/横:約70-75cm/奥行:約70-75cmとなります。 (箱サイズはプロダクト毎に異なります) 素材 背
・座面:ペリクル(弾性ポリエステル) 背部
・座部フレーム:ガラス強化熱可塑性ポリエステル、ガラス繊維入りナイロン アームパッド:セルフスキニングウレタン 脚:ガラス繊維入りナイロン(ナイロン双輪キャスターを標準装備) 納期 その他 保証期間 12年(ガスシリンダーのみ2年)
※ミネラル色は他のカラーに比べて明るい為、デニムなど濃色の衣服との接触等により製品が変色し汚れとして目立つことがあります。この変色は保証の対象外となります。予めご了承ください そのバトンはリマスタードへ 1994年にアーロンチェアが発表された時、それまでの革張りであったり木やクッションを用いて作られた椅子とはまったく違う、メッシュを座面に用いたそのデザインが大きな反響、そして衝撃を与え、「座り方」の概念を変えただけではなく、チェアの在り方についての人々の考え方をも変えました。 しかしそれから20年以上の月日が経ち、人々の生活はたくさんの変化を迎えました。 デザインとは進化するもの。 アーロンチェアも変化、進化を迎える時が訪れたのです。 左:現行、右:アーロンチェア リマスタード アーロンチェアの生みの親である故ビル
・スタンフ アーロンチェアのラフスケッチ 世界で最も愛されているワークチェアを進化させるべく、ハーマンミラーはビルスタンフと共にアーロンチェアを作り上げたドン
・チャドウィックに依頼をしました。 彼は、オリジナルのアーロンチェアの設計基準を現代の仕事とテクノロジーを考え合わせながら見直しました。 より強く洗練されたマテリアル、より操作性が良くなった調節機能、新しいフィニッシュオプション、そしてより健康的かつ、より快適な座り心地を備えることとなりました。 新型アーロンチェアとして、リメイクまたは再設計されたのではなく、リマスターされたのです。 デザイナー:ドン
・チャドウィック 1936年アメリカ、カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア大学で工業デザインを学び、在学中は他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に注意を向けていました。そして大学でチャールズ&レイ
・イームズの講義を聴いた後、『家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる』と確信しました。 そして1974年「チャドウィック
・モジュラー
・シーティング」を発表。商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれ、以降も様々な作品を発表、受賞歴を重ねていきます。 ポスチャーフィットと背骨
・腰痛の関係 アーロンチェアに取り付けられているポスチャーフィットは、ハーマンミラーがワーカーをリサーチし「チェアの前方部分に体重をかけ、長時間に渡って座ったまま働いている」という結果から開発が進められました。 いわゆる前屈みの姿勢で働く人が多く、首
・肩のこり、頭痛
・疲労感、腰痛などの問題を抱えていました。 前屈みにならずにまっすぐとした姿勢を保つためには、人間が立っている姿勢の時と骨盤の角度が同じくなるよう、着座時に背もたれの下方部分と骨盤の隙間をなくすサポートが重要となります。 普通ではいかに深くチェアに腰掛けたとしても隙間ができてしまいます。そこでハーマンミラーではオフィス家具メーカーとして初めて、新たな腰部のサポートを開発しました。 開発にあたっては腰痛治療の専門家でもあり、人間工学の観点から椅子を研究していたブロック
・ウォーカー博士を中心に開発されました。 ブロック
・ウォーカー博士は飛行機、レーシングカーのコックピット開発に携わるなど、海洋産業や航空宇宙産業、モータースポーツ産業など様々な分野でコンサルタントとして活躍をしています。 事実、事故によって40箇所以上を骨折し動くことすらままならなかったインディ500のドライバーは、ウォーカーが開発したシートによって優勝した逸話もあります。 背骨が歪んでしまうことは腰痛の原因となります。腰痛を予防するためには背骨をS字にキープすることが重要となります。 そして背骨の形状は主に骨盤に左右されるため、骨盤を正しい位置でサポートすることが重要となります。 骨盤が前にずれ、前屈みの姿勢になってしまうと、立っているときに比べ約2倍の負荷が椎間板にかかってしまいます。 ポスチャーフィット機能は、背骨
・骨盤を正しい位置でサポートすることで負荷を軽減し、快適な姿勢を維持してくれます。 環境への配慮 新しいアーロンチェアは再生材料39%、再生可能材料を最大91%使用しています。 アーロンチェアは1994年の発表時に持続可能性の新たな基準を設けました。 そして今回のアップデートでは、チェアの重量を約1.3キロ減らし、室内空間における化学物質の排出量が最小限であるかをテストする米国環境基準「グリーンガード」のゴールド認定を取得して、さらに一歩前進しました。アーロンチェアリマスタードフル装備 Aサイズ アーロンチェアを使うということ 「仕事用の椅子」。こう言われて皆さんは、どんな椅子を思い浮かべますか? 私はvanilla入社当時からアーロンチェアで仕事をしていたことで、仕事用の椅子=アーロンチェアでイメージが刷り込まれています。今考えるとインテリア業界の右も左も分からない新人がアーロンチェア(Aeron Chair)で仕事ができるなんて、とても幸運だったように思います。デザイナー
・設計士
・音楽プロデューサー
・漫画家といった各業界のプロフェッショナルが使う椅子を最初から使えるんです、自分まで格好良くなった気がしました。 そして約10年、たくさんの方がアーロンチェアオーナーになるお手伝いをする中で、それは自分だけの感覚ではないと思うようになりました。もしかするとシャネルやコーチ、ロレックスやオメガなどのブランド品を身につける感覚にも近いのではないでしょうか。 買って終わりじゃない。「この椅子を持っていて、この椅子で仕事をしている」というステータスと充実感。それがモチベーションに繋がり、自分が思う以上の結果を生み出しているのかもしれません。 アーロンチェアはデスクワーカーにとっての「憧れの椅子」「最高のワークチェア」であり、これはもはや「アーロンチェア」という、ひとつのブランドになっていると言っても過言ではないでしょう。 快適と集中を求めた究極のデザイン アーロンチェアを製造するハーマンミラー社の人間工学では「快適さとは不快ではない状態のこと」と定義しています。体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能に加え、腰にかかる負担を軽減させるだけでなく熱をこもらせない張り地を持つアーロンチェアは、まさに「快適さ」を体現した椅子とも言えるでしょう。 ただし、ここでいう快適さとは仕事をする時のこと。 アーロンチェアの背もたれはハイバックでもなければ、ヘッドレストもありません。確かにヘッドレストに頭を預けるのは気持ちが良いと思います。しかしアーロンチェアはワークチェア、仕事をするための椅子なんです。仕事をする時の姿勢と休む時の姿勢は全くの別物。集中力を高める椅子が安らげる椅子とイコールにはなりません。 それを踏まえると、いかに快適に"仕事"をするかで考えた時のアーロンチェアの右に出る物はいません。快適に集中させてくれる究極の椅子、それがアーロンチェアなんだと私は思います。 進化した人間工学的サポート 新型のアーロンチェア リマスタードに使われる張り地は500回ものデザインを練り直した末に完成した新しい張り地「8Z(エイトズィー)ペリクル」。 8Zペリクルはテンションを横方向に背中を4つ、座面を4つの計8つのゾーン(zone)に横割りされ、負荷がかかる場所に合わせて張り地の強度が変えられています。体圧を部位によって調整し、座った際の安定性や姿勢の矯正力が向上し、快適さと人間工学的なサポートを最も必要とする場所へもたらします。 最も柔らかいゾーンはソフトゾーンと呼ばれ、背もたれでは肩甲骨周りの筋肉の動きを阻害しないように、座面では骨盤が沈み込むような張りの強さに設定されています。 柔らかいゾーンはスタビライズゾーンと呼ばれ、ソフトゾーンより一段テンションが強く、背もたれでは腰を包み込んで安定させ、座面ではソフトゾーンで骨盤が沈み込むため、座面奥に向かって傾斜が付き、座ったときに安定します。最も硬い部分は、背もたれでは骨盤を押し出し仙骨をサポート、以前はバナナ型のクッションを先端下に配していた座面は先端の張りを硬くすることで、部材を減らしよりスマートに。 今回の新型アーロンチェア リマスタードから張り地パターンは各フレームカラーに合わせた専用のものが当てられています。 理想的な背骨のS字カーブを描かせるポスチャーフィットはサポート部位が仙骨(SACRUM)と腰椎(Lumber)の2箇所に増えたポスチャーフィットSLに進化しました。ポスチャーフィット本体下部にあるダイヤルを左右どちらからでも回すとテンションが変更されます。 人体の骨盤(仙骨)と背骨のつながった部分は固定されており、骨盤の角度によって背骨のカーブが決まります。 言い換えれば、骨盤の角度を正しく固定することによって、背骨の正しいカーブが保たれ、無理のない姿勢が保てることになります。 新型アーロンチェア リマスタードは腰部を幅広くサポートして、健康的な立った姿勢と同じような状態を再現します。 サイズ展開 A, B, Cサイズで快適なチェアライフを アーロンチェアには、端から中間というデザインアプローチを基に、できる限り広範囲な体型のニーズを満たすため3種類のサイズが用意されました。 エクスクルーシブ(特定の人)ではなくインクルーシブ(すべての人)に。 このインクルーシブな考えはアーロンチェアのDNAの不可欠な要素となり、新しいアーロンチェアにもしっかりと受け継がれています。

詳細はこちら

アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSLフル装備 Bサイズ ミネラルフレーム ダークミネラルベース DC1キャスター [AER1B23DW ALP VPR SNA DVP DC1 DVP 23101]
購入はこちらから
商品スペック
・納期 サイズ

【商品サイズ】 幅68.5 奥行68.5(座面奥行46.0)cm 高さ93.0〜104.5(座面高40.5〜52.0)cm

【梱包サイズ】 高さ:約 100-110cm/横:約70-75cm/奥行:約70-75cmとなります。 (箱サイズはプロダクト毎に異なります) 素材 背
・座面:ペリクル(弾性ポリエステル) 背部
・座部フレーム:ガラス強化熱可塑性ポリエステル、ガラス繊維入りナイロン アームパッド:セルフスキニングウレタン 脚:ガラス繊維入りナイロン(ナイロン、ポリウレタン双輪キャスターを標準装備) 納期 その他 保証期間 12年(ガスシリンダーのみ2年) そのバトンはリマスタードへ 1994年にアーロンチェアが発表された時、それまでの革張りであったり木やクッションを用いて作られた椅子とはまったく違う、メッシュを座面に用いたそのデザインが大きな反響、そして衝撃を与え、「座り方」の概念を変えただけではなく、チェアの在り方についての人々の考え方をも変えました。 しかしそれから20年以上の月日が経ち、人々の生活はたくさんの変化を迎えました。 デザインとは進化するもの。 アーロンチェアも変化、進化を迎える時が訪れたのです。 左:現行、右:アーロンチェア リマスタード アーロンチェアの生みの親である故ビル
・スタンフ アーロンチェアのラフスケッチ 世界で最も愛されているワークチェアを進化させるべく、ハーマンミラーはビルスタンフと共にアーロンチェアを作り上げたドン
・チャドウィックに依頼をしました。 彼は、オリジナルのアーロンチェアの設計基準を現代の仕事とテクノロジーを考え合わせながら見直しました。 より強く洗練されたマテリアル、より操作性が良くなった調節機能、新しいフィニッシュオプション、そしてより健康的かつ、より快適な座り心地を備えることとなりました。 新型アーロンチェアとして、リメイクまたは再設計されたのではなく、リマスターされたのです。 デザイナー:ドン
・チャドウィック 1936年アメリカ、カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア大学で工業デザインを学び、在学中は他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に注意を向けていました。そして大学でチャールズ&レイ
・イームズの講義を聴いた後、『家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる』と確信しました。 そして1974年「チャドウィック
・モジュラー
・シーティング」を発表。商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれ、以降も様々な作品を発表、受賞歴を重ねていきます。 ポスチャーフィットと背骨
・腰痛の関係 アーロンチェアに取り付けられているポスチャーフィットは、ハーマンミラーがワーカーをリサーチし「チェアの前方部分に体重をかけ、長時間に渡って座ったまま働いている」という結果から開発が進められました。 いわゆる前屈みの姿勢で働く人が多く、首
・肩のこり、頭痛
・疲労感、腰痛などの問題を抱えていました。 前屈みにならずにまっすぐとした姿勢を保つためには、人間が立っている姿勢の時と骨盤の角度が同じくなるよう、着座時に背もたれの下方部分と骨盤の隙間をなくすサポートが重要となります。 普通ではいかに深くチェアに腰掛けたとしても隙間ができてしまいます。そこでハーマンミラーではオフィス家具メーカーとして初めて、新たな腰部のサポートを開発しました。 開発にあたっては腰痛治療の専門家でもあり、人間工学の観点から椅子を研究していたブロック
・ウォーカー博士を中心に開発されました。 ブロック
・ウォーカー博士は飛行機、レーシングカーのコックピット開発に携わるなど、海洋産業や航空宇宙産業、モータースポーツ産業など様々な分野でコンサルタントとして活躍をしています。 事実、事故によって40箇所以上を骨折し動くことすらままならなかったインディ500のドライバーは、ウォーカーが開発したシートによって優勝した逸話もあります。 背骨が歪んでしまうことは腰痛の原因となります。腰痛を予防するためには背骨をS字にキープすることが重要となります。 そして背骨の形状は主に骨盤に左右されるため、骨盤を正しい位置でサポートすることが重要となります。 骨盤が前にずれ、前屈みの姿勢になってしまうと、立っているときに比べ約2倍の負荷が椎間板にかかってしまいます。 ポスチャーフィット機能は、背骨
・骨盤を正しい位置でサポートすることで負荷を軽減し、快適な姿勢を維持してくれます。 環境への配慮 新しいアーロンチェアは再生材料39%、再生可能材料を最大91%使用しています。 アーロンチェアは1994年の発表時に持続可能性の新たな基準を設けました。 そして今回のアップデートでは、チェアの重量を約1.3キロ減らし、室内空間における化学物質の排出量が最小限であるかをテストする米国環境基準「グリーンガード」のゴールド認定を取得して、さらに一歩前進しました。アーロンチェアリマスタードフル装備 Bサイズ アーロンチェアを使うということ 「仕事用の椅子」。こう言われて皆さんは、どんな椅子を思い浮かべますか? 私はvanilla入社当時からアーロンチェアで仕事をしていたことで、仕事用の椅子=アーロンチェアでイメージが刷り込まれています。今考えるとインテリア業界の右も左も分からない新人がアーロンチェア(Aeron Chair)で仕事ができるなんて、とても幸運だったように思います。デザイナー
・設計士
・音楽プロデューサー
・漫画家といった各業界のプロフェッショナルが使う椅子を最初から使えるんです、自分まで格好良くなった気がしました。 そして約10年、たくさんの方がアーロンチェアオーナーになるお手伝いをする中で、それは自分だけの感覚ではないと思うようになりました。もしかするとシャネルやコーチ、ロレックスやオメガなどのブランド品を身につける感覚にも近いのではないでしょうか。 買って終わりじゃない。「この椅子を持っていて、この椅子で仕事をしている」というステータスと充実感。それがモチベーションに繋がり、自分が思う以上の結果を生み出しているのかもしれません。 アーロンチェアはデスクワーカーにとっての「憧れの椅子」「最高のワークチェア」であり、これはもはや「アーロンチェア」という、ひとつのブランドになっていると言っても過言ではないでしょう。 快適と集中を求めた究極のデザイン アーロンチェアを製造するハーマンミラー社の人間工学では「快適さとは不快ではない状態のこと」と定義しています。体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能に加え、腰にかかる負担を軽減させるだけでなく熱をこもらせない張り地を持つアーロンチェアは、まさに「快適さ」を体現した椅子とも言えるでしょう。 ただし、ここでいう快適さとは仕事をする時のこと。 アーロンチェアの背もたれはハイバックでもなければ、ヘッドレストもありません。確かにヘッドレストに頭を預けるのは気持ちが良いと思います。しかしアーロンチェアはワークチェア、仕事をするための椅子なんです。仕事をする時の姿勢と休む時の姿勢は全くの別物。集中力を高める椅子が安らげる椅子とイコールにはなりません。 それを踏まえると、いかに快適に"仕事"をするかで考えた時のアーロンチェアの右に出る物はいません。快適に集中させてくれる究極の椅子、それがアーロンチェアなんだと私は思います。 進化した人間工学的サポート 新型のアーロンチェア リマスタードに使われる張り地は500回ものデザインを練り直した末に完成した新しい張り地「8Z(エイトズィー)ペリクル」。 8Zペリクルはテンションを横方向に背中を4つ、座面を4つの計8つのゾーン(zone)に横割りされ、負荷がかかる場所に合わせて張り地の強度が変えられています。体圧を部位によって調整し、座った際の安定性や姿勢の矯正力が向上し、快適さと人間工学的なサポートを最も必要とする場所へもたらします。 最も柔らかいゾーンはソフトゾーンと呼ばれ、背もたれでは肩甲骨周りの筋肉の動きを阻害しないように、座面では骨盤が沈み込むような張りの強さに設定されています。 柔らかいゾーンはスタビライズゾーンと呼ばれ、ソフトゾーンより一段テンションが強く、背もたれでは腰を包み込んで安定させ、座面ではソフトゾーンで骨盤が沈み込むため、座面奥に向かって傾斜が付き、座ったときに安定します。最も硬い部分は、背もたれでは骨盤を押し出し仙骨をサポート、以前はバナナ型のクッションを先端下に配していた座面は先端の張りを硬くすることで、部材を減らしよりスマートに。 今回の新型アーロンチェア リマスタードから張り地パターンは各フレームカラーに合わせた専用のものが当てられています。 理想的な背骨のS字カーブを描かせるポスチャーフィットはサポート部位が仙骨(SACRUM)と腰椎(Lumber)の2箇所に増えたポスチャーフィットSLに進化しました。ポスチャーフィット本体下部にあるダイヤルを左右どちらからでも回すとテンションが変更されます。 人体の骨盤(仙骨)と背骨のつながった部分は固定されており、骨盤の角度によって背骨のカーブが決まります。 言い換えれば、骨盤の角度を正しく固定することによって、背骨の正しいカーブが保たれ、無理のない姿勢が保てることになります。 新型アーロンチェア リマスタードは腰部を幅広くサポートして、健康的な立った姿勢と同じような状態を再現します。 サイズ展開 A, B, Cサイズで快適なチェアライフを アーロンチェアには、端から中間というデザインアプローチを基に、できる限り広範囲な体型のニーズを満たすため3種類のサイズが用意されました。 エクスクルーシブ(特定の人)ではなくインクルーシブ(すべての人)に。 このインクルーシブな考えはアーロンチェアのDNAの不可欠な要素となり、新しいアーロンチェアにもしっかりと受け継がれています。

詳細はこちら

DVP-SR20 ソニー DVDプレーヤー
購入はこちらから

■ SONY 
■DVP-SR20 ソニー DVDプレーヤー置き場所を選ばないコンパクトボディで、DVDを手軽に楽しめる◆ 主な特長 ◆◆ 主な仕様 ◆電源電圧AC100V電源周波数50/60Hz消費電力 (動作時)5W消費電力 (待機時)0.5W長さ1.5m寸法(幅×高さ×奥行)270mm×38.5mm×209mm質量約0.95kg付属品取扱説明書(1)映像/音声ケーブル(長さ1.0m×1)リモコン(1)リモコン用単3形乾電池(2)(注)仕様は予告無く変更される場合があります。メーカーのホームページもご確認下さい。(注!)離島や郡部など、別途中継料などがかかる地域への発送の場合は、別途追加料金が必要になります。よろしくお願い申し上げます。

詳細はこちら

Jim Dunlop DVP3 Volume (X) 《エフェクター/ ボリュームペダル 》
購入はこちらから
jim Dunlop DVP3 Volume (X) 2つのコントロールを持つボリュームペダルです。 Input-Output間は、オーディオテーパーのエクスプレッションに使用。 Exp端子はステレオあるいはYケーブルを使用してエフェクトパラメーターのコントロールに使用できます。 さらにEXP側は内部のトリマでミニマム設定ができ、内部スイッチでペダルでの増減方向を逆にできます。 ペダルのテンションが調節可能です。

詳細はこちら

レディース  アシックス GEL-MOYA 1022A273 020 CRGR/DVP
購入はこちらから
レディース

【ASICS】 アシックス GEL-MOYA 1022A273 020 CRGR/DVP

【ご注意】こちらの商品は弊社実店舗からも集約(入荷)するため、「靴箱の破損、色あせ、プライス貼付、剥がし跡」「靴箱内の包装用紙破れ、商品タグなどが無い状態」「履きジワやボンドの付着、若干のシミ、汚れ」が生じる場合がございます。また、正規の靴箱が著しく破損している状態時には代替の靴箱を使用する場合もございます。尚、弊社実店舗から集約しました商品は検品を行って販売可能な商品をご案内致しております。その為、商品の状態の指定はできませんので予めご了承下さい。
※こちらの商品につきましては下記ご利用ガイドをご確認下さい。
■ご利用ガイド ランニングシーンを牽引するトップメーカーasics

【アシックス】。アシックス独自の衝撃緩衝材をし、快適な履き心地を実現。GELを、挿入することにより着地時の衝撃を緩衝します。ランニングやトレーニング等幅広い用途に活躍。 サイズ目安はこちら

【サイズ目安】(個人差がございますので、あくまでも目安とお考え下さい。)このシューズの作りは標準です。

【ご購入前に必ずこちらをご確認ください。 】 [ABCMART][ABCmart][abcmart][ABCマート][abcマート][エービーシーマート][エービーシー][エービーシー マート][バーゲン]

詳細はこちら

東芝 換気扇ダクト用換気扇 スタンダード格子タイプ
購入はこちらから
在庫状況:お取り寄せ(詳しくはこちらをクリック)換気扇 東芝 DVP-S10FH4↓↓↓↓↓↓商品はこちら↓↓↓↓↓↓
■この商品についての詳細は
・・・ 東芝総合ご案内センター 03-3457-4511 「東芝エアコン空調換気ご相談センター」 0120-1048-00 「東芝電気給湯機ご相談センター」     0120-1048-19 「東芝生活家電ご相談センター」      0120-1048-76 この商品の詳細はこちら
・・・https://link.rakuten.co.jp/1/000/971/

詳細はこちら

ソニー SONY DVDプレーヤー[再生専用] DVP‐SR20
購入はこちらから


【商品解説】
●わずか幅270mm、高さ38.5mmというスリム&コンパクトデザイン
●聞き取りやすい音声付き早見再生/遅見再生
●DVD±RW/±R/±R DL(2層)/CD−RW/−Rの再生が可能。もちろんCPRM対応だから、デジタル放送を録画したDVDも再生できます。
●5.1chサラウンドを再生できる「ドルビーデジタル/DTS対応 デジタル音声出力」
●エクササイズや語学学習に便利な「A−Bリピート」
●早送り/早戻しのスピードを3段階で切り替え可能な「高速サーチ」
●無操作状態で30分経過すると自動的に電源が切れる「オートオフ機能」

【スペック】
●型式:DVPSR20(B)(DVP‐SR20)
●JANコード:4905524847918
●再生対応ディスク:詳細はメーカーホームページよりご確認ください
●出力端子:コンポジット映像出力×1、ステレオ音声出力×1、デジタル音声出力

【同軸−1(背面)】
●電源電圧:AC100V 
●電源周波数:50/60Hz 
●消費電力:(動作時)5W、(待機時) 0.5W
●長さ:1.5m
●大きさ:幅270×高さ38.5×奥行209mm(最大突起含む)
●質量:約0.95kg
●付属品:取扱説明書(1)、映像/音声ケーブル(長さ1.0m×1)、リモコン(1)、リモコン用単3形乾電池(2) この商品は宅配便(佐川急便)でお届けする商品です出荷可能日から最短日時でお届けします。
※出荷完了次第メールをお送りします。 配送サービス提供エリアを調べることができます 「エリア検索」をクリックして、表示された画面にお届け先の郵便番号7桁を入力してください。 ご購入可能エリア検索 お買い上げ合計3,980円以上で送料無料となります。
※3,980円未満の場合は、一律550円(税込)となります。
●出荷可能日から最短日時でお届けします。(日時指定は出来ません。)  
※お届け時に不在だった場合は、「ご不在連絡票」が投函されます。  「ご不在連絡票」に記載された佐川急便の連絡先へ、再配達のご依頼をお願いいたします。
●お届けは玄関先までとなります。
●宅配便でお届けする商品をご購入の場合、不用品リサイクル回収はお受けしておりません。
●全て揃い次第の出荷となりますので、2種類以上、または2個以上でのご注文の場合、出荷が遅れる場合があります。 詳細はこちら
■商品のお届けについて 到着日については、出荷完了メール内のリンク(佐川急便お荷物お問い合わせサービス)にてご確認ください。 詳しいお届け目安を確認する 1度の注文で複数の配送先に配送する事は出来ません。
※注文時に「複数の送付先に送る」で2箇所以上への配送先を設定した場合、全てキャンセルとさせていただきます。

詳細はこちら

アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSLフル装備 Cサイズ ミネラルフレーム ダークミネラルベース DC1キャスター [AER1C33DW ALP VPR SNA DVP DC1 DVP 23101]
購入はこちらから
商品スペック
・納期 サイズ

【商品サイズ】 幅72.0 奥行72.0(座面奥行51.0)cm 高さ100.0〜115.5(座面高42.5〜58.0)cm

【梱包サイズ】 高さ:約 100-110cm/横:約70-75cm/奥行:約70-75cmとなります。 (箱サイズはプロダクト毎に異なります) 素材 背
・座面:ペリクル(弾性ポリエステル) 背部
・座部フレーム:ガラス強化熱可塑性ポリエステル、ガラス繊維入りナイロン アームパッド:セルフスキニングウレタン 脚:ガラス繊維入りナイロン(ナイロン、ポリウレタン双輪キャスターを標準装備) 納期 その他 保証期間 12年(ガスシリンダーのみ2年)
※ミネラル色は他のカラーに比べて明るい為、デニムなど濃色の衣服との接触等により製品が変色し汚れとして目立つことがあります。この変色は保証の対象外となります。予めご了承ください そのバトンはリマスタードへ 1994年にアーロンチェアが発表された時、それまでの革張りであったり木やクッションを用いて作られた椅子とはまったく違う、メッシュを座面に用いたそのデザインが大きな反響、そして衝撃を与え、「座り方」の概念を変えただけではなく、チェアの在り方についての人々の考え方をも変えました。 しかしそれから20年以上の月日が経ち、人々の生活はたくさんの変化を迎えました。 デザインとは進化するもの。 アーロンチェアも変化、進化を迎える時が訪れたのです。 左:現行、右:アーロンチェア リマスタード アーロンチェアの生みの親である故ビル
・スタンフ アーロンチェアのラフスケッチ 世界で最も愛されているワークチェアを進化させるべく、ハーマンミラーはビルスタンフと共にアーロンチェアを作り上げたドン
・チャドウィックに依頼をしました。 彼は、オリジナルのアーロンチェアの設計基準を現代の仕事とテクノロジーを考え合わせながら見直しました。 より強く洗練されたマテリアル、より操作性が良くなった調節機能、新しいフィニッシュオプション、そしてより健康的かつ、より快適な座り心地を備えることとなりました。 新型アーロンチェアとして、リメイクまたは再設計されたのではなく、リマスターされたのです。 デザイナー:ドン
・チャドウィック 1936年アメリカ、カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア大学で工業デザインを学び、在学中は他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に注意を向けていました。そして大学でチャールズ&レイ
・イームズの講義を聴いた後、『家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれる』と確信しました。 そして1974年「チャドウィック
・モジュラー
・シーティング」を発表。商業デザイナー協会コンクールで1位に選ばれ、以降も様々な作品を発表、受賞歴を重ねていきます。 ポスチャーフィットと背骨
・腰痛の関係 アーロンチェアに取り付けられているポスチャーフィットは、ハーマンミラーがワーカーをリサーチし「チェアの前方部分に体重をかけ、長時間に渡って座ったまま働いている」という結果から開発が進められました。 いわゆる前屈みの姿勢で働く人が多く、首
・肩のこり、頭痛
・疲労感、腰痛などの問題を抱えていました。 前屈みにならずにまっすぐとした姿勢を保つためには、人間が立っている姿勢の時と骨盤の角度が同じくなるよう、着座時に背もたれの下方部分と骨盤の隙間をなくすサポートが重要となります。 普通ではいかに深くチェアに腰掛けたとしても隙間ができてしまいます。そこでハーマンミラーではオフィス家具メーカーとして初めて、新たな腰部のサポートを開発しました。 開発にあたっては腰痛治療の専門家でもあり、人間工学の観点から椅子を研究していたブロック
・ウォーカー博士を中心に開発されました。 ブロック
・ウォーカー博士は飛行機、レーシングカーのコックピット開発に携わるなど、海洋産業や航空宇宙産業、モータースポーツ産業など様々な分野でコンサルタントとして活躍をしています。 事実、事故によって40箇所以上を骨折し動くことすらままならなかったインディ500のドライバーは、ウォーカーが開発したシートによって優勝した逸話もあります。 背骨が歪んでしまうことは腰痛の原因となります。腰痛を予防するためには背骨をS字にキープすることが重要となります。 そして背骨の形状は主に骨盤に左右されるため、骨盤を正しい位置でサポートすることが重要となります。 骨盤が前にずれ、前屈みの姿勢になってしまうと、立っているときに比べ約2倍の負荷が椎間板にかかってしまいます。 ポスチャーフィット機能は、背骨
・骨盤を正しい位置でサポートすることで負荷を軽減し、快適な姿勢を維持してくれます。 環境への配慮 新しいアーロンチェアは再生材料39%、再生可能材料を最大91%使用しています。 アーロンチェアは1994年の発表時に持続可能性の新たな基準を設けました。 そして今回のアップデートでは、チェアの重量を約1.3キロ減らし、室内空間における化学物質の排出量が最小限であるかをテストする米国環境基準「グリーンガード」のゴールド認定を取得して、さらに一歩前進しました。アーロンチェアリマスタードフル装備 Cサイズ アーロンチェアを使うということ 「仕事用の椅子」。こう言われて皆さんは、どんな椅子を思い浮かべますか? 私はvanilla入社当時からアーロンチェアで仕事をしていたことで、仕事用の椅子=アーロンチェアでイメージが刷り込まれています。今考えるとインテリア業界の右も左も分からない新人がアーロンチェア(Aeron Chair)で仕事ができるなんて、とても幸運だったように思います。デザイナー
・設計士
・音楽プロデューサー
・漫画家といった各業界のプロフェッショナルが使う椅子を最初から使えるんです、自分まで格好良くなった気がしました。 そして約10年、たくさんの方がアーロンチェアオーナーになるお手伝いをする中で、それは自分だけの感覚ではないと思うようになりました。もしかするとシャネルやコーチ、ロレックスやオメガなどのブランド品を身につける感覚にも近いのではないでしょうか。 買って終わりじゃない。「この椅子を持っていて、この椅子で仕事をしている」というステータスと充実感。それがモチベーションに繋がり、自分が思う以上の結果を生み出しているのかもしれません。 アーロンチェアはデスクワーカーにとっての「憧れの椅子」「最高のワークチェア」であり、これはもはや「アーロンチェア」という、ひとつのブランドになっていると言っても過言ではないでしょう。 快適と集中を求めた究極のデザイン アーロンチェアを製造するハーマンミラー社の人間工学では「快適さとは不快ではない状態のこと」と定義しています。体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能に加え、腰にかかる負担を軽減させるだけでなく熱をこもらせない張り地を持つアーロンチェアは、まさに「快適さ」を体現した椅子とも言えるでしょう。 ただし、ここでいう快適さとは仕事をする時のこと。 アーロンチェアの背もたれはハイバックでもなければ、ヘッドレストもありません。確かにヘッドレストに頭を預けるのは気持ちが良いと思います。しかしアーロンチェアはワークチェア、仕事をするための椅子なんです。仕事をする時の姿勢と休む時の姿勢は全くの別物。集中力を高める椅子が安らげる椅子とイコールにはなりません。 それを踏まえると、いかに快適に"仕事"をするかで考えた時のアーロンチェアの右に出る物はいません。快適に集中させてくれる究極の椅子、それがアーロンチェアなんだと私は思います。 進化した人間工学的サポート 新型のアーロンチェア リマスタードに使われる張り地は500回ものデザインを練り直した末に完成した新しい張り地「8Z(エイトズィー)ペリクル」。 8Zペリクルはテンションを横方向に背中を4つ、座面を4つの計8つのゾーン(zone)に横割りされ、負荷がかかる場所に合わせて張り地の強度が変えられています。体圧を部位によって調整し、座った際の安定性や姿勢の矯正力が向上し、快適さと人間工学的なサポートを最も必要とする場所へもたらします。 最も柔らかいゾーンはソフトゾーンと呼ばれ、背もたれでは肩甲骨周りの筋肉の動きを阻害しないように、座面では骨盤が沈み込むような張りの強さに設定されています。 柔らかいゾーンはスタビライズゾーンと呼ばれ、ソフトゾーンより一段テンションが強く、背もたれでは腰を包み込んで安定させ、座面ではソフトゾーンで骨盤が沈み込むため、座面奥に向かって傾斜が付き、座ったときに安定します。最も硬い部分は、背もたれでは骨盤を押し出し仙骨をサポート、以前はバナナ型のクッションを先端下に配していた座面は先端の張りを硬くすることで、部材を減らしよりスマートに。 今回の新型アーロンチェア リマスタードから張り地パターンは各フレームカラーに合わせた専用のものが当てられています。 理想的な背骨のS字カーブを描かせるポスチャーフィットはサポート部位が仙骨(SACRUM)と腰椎(Lumber)の2箇所に増えたポスチャーフィットSLに進化しました。ポスチャーフィット本体下部にあるダイヤルを左右どちらからでも回すとテンションが変更されます。 人体の骨盤(仙骨)と背骨のつながった部分は固定されており、骨盤の角度によって背骨のカーブが決まります。 言い換えれば、骨盤の角度を正しく固定することによって、背骨の正しいカーブが保たれ、無理のない姿勢が保てることになります。 新型アーロンチェア リマスタードは腰部を幅広くサポートして、健康的な立った姿勢と同じような状態を再現します。 サイズ展開 A, B, Cサイズで快適なチェアライフを アーロンチェアには、端から中間というデザインアプローチを基に、できる限り広範囲な体型のニーズを満たすため3種類のサイズが用意されました。 エクスクルーシブ(特定の人)ではなくインクルーシブ(すべての人)に。 このインクルーシブな考えはアーロンチェアのDNAの不可欠な要素となり、新しいアーロンチェアにもしっかりと受け継がれています。

詳細はこちら